免許取得に時間をかけられない人は合宿免許を利用しよう!

シーズンやプランによって金額が変わる~合宿免許で注目すべきこと~

短期間で免許が取得できる

自動車の運転免許が必要と感じても、どうしても取得に時間をかけることができない人も多いです。そういった時に利用するといいのが「合宿免許」と呼ばれる仕組みです。自動車練習所と同じように免許取得ができるのにも関わらず、早い人で約14日間という最短取得も可能とされています。

合宿タイプと練習所を比較してみよう

合宿免許

合宿免許では、短期集中型の免許取得プログラムが組まれた教習所になります。また、期間が短いことにより、通常よりも教習料が安く設定されています。プランに応じて宿泊費や食費なども変わってきます。

自動車練習所

合宿免許と違い、自宅から通うことができるのが自動車練習所になります。1日に乗車できる時間が限られてしまいますが、その分時間をかけて車に慣れることが可能です。また、自宅から通うことで、宿泊費や食費などがかからないため、教習料のみの出費になります。

免許取得に時間をかけられない人は合宿免許を利用しよう!

初心者マーク

合宿免許には様々なコースがある

短期間で取得することができる合宿免許ですが、様々なコースが用意されています。多人数の友人と共に予約することができる「グループコース」やカップルで参加することができる「カップルコース」などがあり、そのコースに応じて宿泊する施設が変わることもあります。ホテルでの合宿もあれば、自分たちで自炊が可能なマンション合宿もあるため、探してみることで激安コースの合宿免許を見つけることができます。

免許

通常よりも安く受講できる

通常、運転免許取得には約30万円前後かかるといわれています。しかし、合宿免許では、入学金や教習費の他に宿泊費、食費など様々な費用が合わさっても、約20万円から25万円といわれています。これだけの差が生まれてしまう一番の理由は、「短期間で免許取得ができる」ことにあります。生徒の卒業が一定期間で決まっていると、回転率も良くなり、教習者もスケジュールの管理がしやすくなります。

教習所

合宿先の多くが観光地

様々な地方で行われている合宿免許ですが、多くの教習施設が観光地の近くに建設されていることがあります。そのため、教習がない日などは観光やレジャーを楽しむことができますし、免許を取得したあとにレンタカーを借りて、一緒に学んでいるメンバーとドライブなども楽しむことができます。免許取得の勉強をしながら楽しむことができるのは、お得ともいえます。

男の人

気をつけなくてはいけない点

メリットが多い合宿免許ですが、やはりデメリットも隠されています。その1つが道路事情です。合宿免許の多くが地方で開催されているため、教習の際には広い道路であったり、車の流れが緩やかな場合が多く、とても運転しやすい環境にあります。しかし、都会などで運転すると交通量も多く、交通ルールも細かい点で違ってくるため、注意しなくてはいけません。

合宿免許への申し込みの流れ

初心者マーク

主催会社へ予約を行う

数多くある合宿免許は、それぞれに主催している会社が異なります。そのため、気になるプランや料金などを見つけた際には、その合宿免許を主催している会社へ予約を入れましょう。この時にWebなどの申込みフォームを利用すると簡単に連絡することができます。

予約の確認と料金の支払い

事前予約を行うと、主催会社から連絡があります。この時に免許取得を希望する人の情報を確認して、正式に申し込みになります。また、教習料などの費用は多くが前払いになります。各会社によって異なりますが、申込金は申込を行ってから約一週間以内、残りの費用は入校の10日前までに支払いとしている場合が多いです。

合宿先への入校

主催会社の方で支払いの確認が取れたら、入校日を連絡してくれます。また、現地までの交通費が料金に含まれている場合とそうでない場合があるため、予約の際にきちんと確認をとっておきましょう。そうすることで、現地までの道のりも安心して向かうことができます。


広告募集中