マイクロバスやトラックなども運転ができるようになる中型免許

中型免許は普通免許とどう違うのか

普通免許では車両総重量5トン未満の車両しか運転することができません。しかし、中型免許になれば5トン以上11トン未満の車両まで運転が可能になります。また、乗車定員も11人以上29人以下までの車両を運転できるため、マイクロバスなどにも乗車できます。

教習所で取得されている免許ランキング

女性
no.1

普通自動車免許

自動車教習所で多く取得されるのが普通自動車となります。自動車を運転するのに欠かせない免許となる上に、他の車輌を運転できる免許取得にも必要な免許になります。また、オートマ車とマニュアル車の2種類があります。

no.2

普通自動二輪免許

「中型バイク」と呼ばれる免許が、この普通自動二輪免許になります。排気量400cc未満のバイクを運転することが可能な上、取得年齢が16歳以上からのため、高校生などでも取得することが可能な免許になります。四輪車と同じで、オートマ車とマニュアル車があるため、自分の乗りたいバイクと照らし合わせて取得しましょう。

no.3

中型自動車免許

「中型免許」と呼ばれるこの免許は、マイクロバスや11トン未満のトラックなどを運転することが可能になります。そのため、仕事で必要な人が取得を目指します。しかし、年齢制限があり、20歳以上でなくては取得できません。

no.4

大型自動車免許

大型免許は、10トン以上のダンプカーや大型トラックを運転するのに欠かせない免許になります。また、中型免許と同じく年齢制限があり、満21歳以上でなくてはなりません。その他にも、中型免許で扱えるトラックよりも大きな車両を運転できるため、独自の運転技術を学ぶ必要もあります。

no.5

原動機付自転車免許

自動エンジンがついている車両で一番取りやすいといわれているのが、この「原動機付自転車免許」になります。16歳以上から受講資格が得られる上に、1日で取得することができるとして、自動車免許資格がまだ無い高校生などの若者に人気の免許になります。また、最近では可愛らしいスクーターなども販売され、女性が運転することも増えてきました。

[PR]
合宿免許は一人でも参加可能☆
手軽に利用できるコースを探してみよう

中型免許で運転が可能な車両を探してみよう

男性

中型免許取得には普通免許が必要

中型免許を取得するためには、年齢制限の他にも条件があります。それは、普通自動車免許を取得してから2年以上の時間が経過していることです。満21歳以上で、普通免許取得から2年以上という2つの条件が揃って初めて中型免許取得資格が得られるので、注意が必要になってきます。

免許

準中型免許と中型免許は異なる免許

現在普通免許、中型免許、大型免許の種類の他に「準中型免許」と呼ばれる免許が設けられています。この準中型免許は、中型免許と異なり車両総重量が7.5トン未満になりますが、「18歳以上」で「普通免許なし」でも取得することが可能な免許とされ、高校などを卒業してすぐに運送などの仕事に就くことも可能になります。

自分が必要になっている自動車免許の取得資格を知っておこう

車の免許は人によって必要とする種類が異なってきます。そのため、きちんと自分が必要な免許の取得資格などを知っておかなくてはいけません。いざ取得しようとなった際に、条件が満たされていないと免許取得ができなくなってしまうからです。

[PR]
中型免許を習得しよう?
受験資格をチェックできる!

[PR]
合宿免許がお得
料金も安いので経済的にもグッド

[PR]
合宿免許で最短取得
運転免許を最速で取得する方法を紹介

広告募集中